いずみ建築設計ロゴ

空気の良い家造りチャンネル

ブログ記事

blog

【建築士が答える】24時間換気システムは一生回し続けないとダメな理由

空気のおいしい家づくりチャンネル

家の換気を24時間してくれる換気システム。

でも実はその性能を保持し続けるのであれば、24時間ひたすら回し続けなければいけません。

良いところもあれば、もちろん気をつけないといけないことも。
今回は建築士の泉さんに24時間換気システムの重要さを聞いてみました。

欠点を事前に知っておくのが大切な24時間換気システム

24時間換気システム。
このシステム自体は良いシステムではあります。

その前提でお伝えするといくつかの欠点がどうしてもあります。

まずはメンテナンスのしにくさ。

色んなダクトシステムの形があるんですが、第一種換気システムに関しては、家の天井裏とかの中にダクトを通して、各部屋に空気を送り込んだりしていきます。

そうなると掃除がどうしても出来ない。一度入れたら絶対掃除をすることができません。

さらに24時間換気システムのもう一つが消してしまうと、その期間にダクトがほこりを吸い湿気がたまってしまいます。

旅行にいったときに、電気代がもったいなくて消しておきたいという想いがあるかもしれませんが、そうするとダクトの中にほこりがたまり、湿気が生まれ、旅行から帰ってきた後にそのスイッチオンすると、その中の汚い空気がどんどん室内に入っていったりするっていうのが危険なところになります。

24時間換気システムを入れる前に事前に知っておくこと

毎日ずっとつけているということはシステム・機械自体ももちろん古くなっていきます。

そうすると10年後などに交換が必要になってきますが、ここで入れ替えができなかったりすると最初の方は良くてもその後、無駄な装置として家に残り続けてしまいます。

安全で効率的な換気を行うためには、定期的なメンテナンスが必要なのですが、そのためにも入れる前に、そのシステムの注意点をしっかりと理解し、点検口などの設置やダクト交換費用についても確認することをおすすめします。